HOME > ニュース > セミナー勉強会 > 全遊振が例会、三井氏が変革期における備えを解説

全遊振が例会、三井氏が変革期における備えを解説

2016年07月25日


全国遊技ビジネス振興会は7月21日、都内の上野ホテルパークサイドで第5回セミナーを開催し、同会の顧問を務める三井慶満氏、GGP社の市原毅氏、大井ニュー東京のダウニー澤氏がそれぞれ講演を行った。

そのうち、三井氏は業界が変革期を迎えるなか、物事の捉え方を変えていく必要性について言及。「人の習性として、変化を嫌う人が多いが、我々が、そのきっかけを作る必要があるのではないだろうか」と呼びかけ、変化に対応する意識の重要性を指摘するなどした。

また、関東大手ホールの出身で、現在コンサルティング事業を展開しているGGP社の市原氏は、メリハリの効いた営業こそが生き残るポイントになると強調。ダウニー澤氏は、ウェブの生配信を通じた集客戦術についてレクチャーするなどした。



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他




Kaidou Movie Channel

PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言