HOME > ニュース > 組合・団体 > 日工組が4月1日以降の新台の設置確認に「くぎ確認シート」使用へ

日工組が4月1日以降の新台の設置確認に「くぎ確認シート」使用へ

2017年03月10日

日工組は3月9日、ホール5団体に対して「流通制度における遊技くぎの点検確認について」を通知し、4月1日以降に設置される新たな型式のパチンコ機において、新台設置確認及び部品交換時の点検確認を行う際には、遊技くぎの目視点検を補助する「くぎ確認シート」等の器具を使用すると連絡した。昨年4月から開始されている新流通制度のより適切な運用を図るためだという。

くぎ確認シートは、盤面にかざすことで遊技くぎの位置が確認できる透明シートで、新台設置時、各メーカーからホールに配布され、その後もホールが保管する。具体的な運用や取扱方法については、当該メーカーから説明が行われる。

遊技くぎの確認作業については、3月の時点で複数のメーカーが新台設置時、遊技くぎの位置が記された透明素材のシートを使用し納品時の状態を確認していた。4月以降はこの取り組みが日工組の全メーカーによるものとなる。

これを受けて全日遊連では3月10日、都府県方面遊協に対して日工組からの連絡事項を文書で通知。点検確認の要点を整理して連絡するとともに、現時点では遊技くぎの目視点検の補助ツールが、くぎ確認シートのみであることを伝えた。



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他




Kaidou Movie Channel

PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言