HOME > ニュース > その他 > 【遊技通信7月号より】「ギャンブル等依存症対策基本法」通常国会での成立断念

【遊技通信7月号より】「ギャンブル等依存症対策基本法」通常国会での成立断念

2017年07月08日


6月9日に開かれた日電協の総会懇親会に来賓として招かれた、民進党の石関貴史衆議院議員が、自民、公明、維新、民進のあいだで議論されている「ギャンブル等依存症対策基本法」について、「本日、各党の実務者が集まって今後のスケジュール感を話し合った。法案は各党で出揃っているので、今後どうするかだが、実際のところ、小幅な会期延長があっても、今国会では、法案を各党が提出する段階までだろう。その後、秋の臨時国会で、各党が提出した法案のなかで、最もいい案を採用していくことになると思う」と述べ、同基本法の審議、成立が秋の臨時国会以降となる見通しを示した───。

続きは販売中の「遊技通信7月号」で。 http://www.yugitsushin.jp/store/yt201707/



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他




Kaidou Movie Channel

PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言