HOME > ニュース >  ホール  > D’ステーション2店舗が防災備蓄物資提供の協定を締結

D’ステーション2店舗が防災備蓄物資提供の協定を締結

2017年07月11日


群馬県のホール大手・NEXUSは、経営する「D’ステーション佐倉店」と千葉県佐倉市が、「D’ステーション座間店」と神奈川県座間市が、それぞれ災害時における防災備蓄物資提供に関する協定を締結したと発表した。

同社の社会貢献活動の一環として締結されたこの協定は、大規模な災害が発生した際に、D’ステーションの2店舗店がそれぞれ飲料水や食料、毛布といった備蓄品を近隣の避難住民に提供することを取り決めたもの。7月3日に佐倉市と、同4日に座間市とそれぞれ調印式が行われ、佐倉市の蕨和雄市長、座間市の遠藤三紀夫市長が同社との協定書にサインを交わした。

両日の調印式に出席したNEXUSの阿施浩行専務は「今回の協定締結をきっかけに防災活動や地域イベントにも協力し、D’ステーションが住民の皆さまのお役に立てるように努力していきたい」と挨拶を述べた。



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他




Kaidou Movie Channel

PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言