HOME > ニュース > 展示発表会 > パチンコの金田一少年第2弾、ループタイプで登場

パチンコの金田一少年第2弾、ループタイプで登場

2017年08月28日


サンセイアールアンドディは8月28日、都内上野のショールームでパチンコ機の新機種「CR金田一少年の事件簿〜地獄の傀儡師〜」の内覧会を開催した。

1992年から2001年まで、週刊少年マガジンに連載され、現在も不定期で連載が続く同名人気マンガをモチーフにしたシリーズ第2弾となる新機種は、大当り確率1/318.13(高確率1/69.94)の確変ループタイプ。確変突入率は52%で、トータル継続率は65%、実質ラウンド数は5Ror15Rとなっている。

通常大当り後は時短100回が付随し、右打ち中の大当りは確変、非確変問わず、2,205個の出玉が獲得できる。

また、液晶画面を覆うように変幻自在に可動する、24個のキューブ役物「IQube」が連動した多彩な演出も見どころの一つだ。



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他




Kaidou Movie Channel

PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言