HOME > ニュース > メーカー > 牙狼の新アニメ、放映直前に上映イベント

牙狼の新アニメ、放映直前に上映イベント

2017年10月03日


サンセイアールアンドディが特別協力するアニメ版牙狼の新作プレミアム上映イベントが9月29日、都内の新宿バルト9シアター9で開催され、多数のファンらが詰めかけた。

当日のイベントは、今回でアニメ版牙狼として第3作目となる「牙狼<GARO>VANISHING LINE」のTV放映が10月6日にスタートするのにあわせ、第1話と第2話を先行上映するというもの。会場には、朴性厚監督をはじめ、作品で魔戒騎士ソード役を務める声優の関智一さんと、魔戒法師ルーク役を務める島﨑信長さんがゲストとして登場し、舞台挨拶を行った。

朴監督は、「制作会社からもうこれで引退するのではといわれるくらい、やりたいことをやっている。アクションだけでなく、人間ドラマにも注目してもらって、最後まで楽しんでもらえたら」と作品をピーアールした。

作品は、架空都市を舞台に、ガロの称号を持つ魔戒騎士ソードが、魔獣(ホラー)から街を守る戦いを繰り広げるなか、偶然出会った少女と、謎のキーワードの意味を探し求めるというストーリー。制作は「ユーリ!!!onICE」「この世界の片隅に」「神撃のバハムート」などを手がけるMAPPA。放映は、TV東京(毎週金曜日深夜1:23〜)ほかでスタート。BSスターチャンネル、CSファミリー劇場でも順次放送となる。

©2017「VINISHING LINE」雨宮慶太/東北新社



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他




Kaidou Movie Channel

PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言