HOME > ニュース > 組合・団体 > 回胴遊商の関東・甲信越支部が新年研修会

回胴遊商の関東・甲信越支部が新年研修会

2018年01月23日


回胴遊商は1月22日、都内文京区の東京ドームホテルで、関東・甲信越支部の新年研修会および懇親会を開催した。

冒頭、新井春行支部長が、「仕事ができるのは、周りの人達の助けがあるからで、これはありがたいことだと思う。組合活動も同じだ」と参集した組合員らに感謝の意を表した。続いて挨拶した大饗裕記理事長は、パチスロ6号機に対する期待感を示すとともに、点検確認業務時間の日中への移行推進といった、業界版働き方改革の実践に力を注いでいく方針を掲げるなどした。

一方、委員会報告では、点検確認業務における注意点を伝達したほか、旧基準機の闇スロ流出を防止するために、売却時における使用目的確認の徹底を呼びかけるなどした。

さらに当日は講演会も実施。パチスロ専門のコンサルティング事業を手がけるエスサポート代表取締役の三木貴鎬氏が講師を務め、今後のパチスロ市場についての見通しを披露するなどした。

※大饗(おおあえ)理事長の「あえ」の字は、正しくは上が「郷」ですが、ご覧の環境によっては正しく表記されない場合があります。



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他




Kaidou Movie Channel

PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言