HOME > ニュース > その他 > 真山参院議員が、パチンコとギャンブルの定義などで質問主意書

真山参院議員が、パチンコとギャンブルの定義などで質問主意書

2018年02月16日

進党の真山勇一参議院議員は2月9日、「賭博及びギャンブル等の定義及び認識に関する質問主意書」を政府へ提出した。

質問は全部で4項目。最初が、ギャンブル等依存症対策の対象となっている「ギャンブル等」の定義、そして2つ目がパチンコ営業の景品として一定の財物を提供することを「刑法上の賭博にあたる要素はないか」と質問している。

3つ目が、いわゆる三店方式が確立したパチンコを刑法上の賭博にあたるかどうかの認識についての質問。最後の4つ目は、ギャンブル依存対策を推進している政府は、パチンコをギャンブルの一つと認識しているかどうか、さらに、ギャンブルではないと認識するのであれば、その理由について問いただす内容となっている。

同氏は、2010年に参議院選挙(全国比例)で初出馬(次点)し、2012年繰上当選。2016年の参議院選挙では神奈川選挙区から立候補し当選している。元日本テレビの記者。



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他






Kaidou Movie Channel

PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言