HOME > ニュース >  ホール  > 善都が岡崎警察署へ防犯器具寄贈

善都が岡崎警察署へ防犯器具寄贈

2018年03月29日


善都は3月27日、CSR活動の一環として防犯補助錠及びガラス破り防犯シート(各500セット/15万円相当)を岡崎警察署へ寄贈した。

寄贈式には愛知県岡崎警察署長である戸鹿島政晴警視正、岡崎額田防犯団体連絡協議会の田口竜也会長、善都執行役員の伊藤秋総務部長が出席。伊藤部長から戸鹿島署長へ、防犯器具購入費として15万円相当の目録が渡された。

今回の寄贈はかねてより岡崎市で空き巣や忍込み、居空きといった住宅対象侵入盗が急増していたことから、岡崎額田防犯団体連絡協議会を通じて岡崎警察署から要請があったもの。善都には防犯器具の普及促進を通じて地域における防犯力向上に大きく貢献したとして感謝状が贈られた。なお、防犯補助錠及びガラス破り防犯シートは、岡崎市内の地域住民に配布される。



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他






Kaidou Movie Channel

PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言