HOME > ニュース > 組合・団体 > 全日遊連がメーカー団体に音量と光量の調整機能要望

全日遊連がメーカー団体に音量と光量の調整機能要望

2018年04月20日

全日遊連は4月18日付けで、メーカー団体の日工組と日電協に対し、遊技機の音量と光量の調整機能に関する要望書を送付した。

音量の調整機能に関しては、調整範囲の上限値を各ホールで設定できるようにするほか、その調整範囲は数値的に多段階にして全メーカー共通とすることを要望。また、セキュリティ音(報知音)の音量は設定値に比例して上下するよう求めた。光量の調整については、その調整範囲を多段階とするよう要望した。

要望書の中で全日遊連は、同連合会が先に実施したファンアンケートで、ホールに対する不満の大きな要因のひとつに「遊技機の音量」が挙げられていたほか、中・高齢者を中心に遊技機の「大きすぎる音」や「眩しすぎる光」を不快とする傾向が見受けらたことを説明。さらに、火災報知機等の警報音が聞え難い状況では防犯・防災上の問題があるほか、各ホールが職場環境の改善に取り組んでいる中にあって、来店客やホール従業員に騒音性難聴の発生リスクが生じているなどとした。

また、日工組がパチンコ機の音量に関する内規を制定し、音量の上限を95dB以下に規定するとともに、多くのメーカーが音量や光量の調整機能を搭載した遊技機を製造しているものの、その調整方法や調整範囲にはメーカーごとの差異があることを指摘。さらには、遊技客が自由に調整できる仕様になっていることから、各ホールの判断で異なるメーカーの遊技機を同一音量に合わせたり、音量の調整範囲の上限値を設定することができない現状を説明し、ホールや遊技客がより自由に調整できるための統一したルールを策定することを要望した。



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他






Kaidou Movie Channel

PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言