HOME > ニュース > 組合・団体 > 高射幸性回胴式遊技機削減の自主規制で6団体が合意書

高射幸性回胴式遊技機削減の自主規制で6団体が合意書

2018年06月08日

全日遊連、日遊協、日工組、日電協、全商協、回胴遊商の6団体は6月5日、のめり込み問題対策として回胴式遊技機の射幸性を抑制するため、「高射幸性回胴式遊技機の取り扱いについての合意書」を6月5日付けで締結した。

合意内容は2点。日遊協、日工組、日電協、全商協、回胴遊商の5団体は、全日遊連が4月の理事会で決議した「高射幸性回胴式遊技機の削減における今後の取組について」と、それに基づいて各都府県方面遊協に発出した文書に記載された取組内容を支援する。さらに、各団体は全てのホールが高射幸性回胴式遊技機の削減に向けて取組みやすい実効性のある環境作りを行う。



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他






Kaidou Movie Channel

PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言