HOME > ニュース > 組合・団体 > 全日遊連、不公正販売の是正と適切な価格設定を要請

全日遊連、不公正販売の是正と適切な価格設定を要請

2018年06月18日

全日遊連は6月15日付けで日工組と日電協に対し、遊技機の不公正販売の是正と旧規則機の適切な価格設定に関する要請を行った。

要請文で全日遊連は、今年2月の規則改正にともなう遊技機の撤去で、ホールが減台を行うか新たな遊技機を購入して入替えを行わざるを得ない状況にありながら、現在、複数の遊技機メーカーで「抱き合わせ販売」や「台数縛り販売及びそれに伴う開店日格差」などが散見されていると指摘。こうした行為は、全日遊連、日遊協、日工組、日電協の4団体で2009年に締結した「遊技機の販売方法に関する4団体合意」に反する行為であり、強い憤りを感じているとしている。

さらに、新台として販売されている旧規則機は認定を受けることができず、使用できる期間も短いことを考慮し、適正な価格での販売を要請していたにもかかわらず、高値で販売され続けていることは極めて遺憾だとし、「遊技機メーカー各社が自社の目先の利益のみを優先している限り、この業界の将来は暗いと言わざるを得ません」と批判。あらためて不公正販売の是正及び旧規則機の適切な価格設定等について要請するとともに、ただちに傘下の全組合員メーカーに伝え、誠意ある対応をするよう求めている。



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他






Kaidou Movie Channel

PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言