HOME > ニュース > 組合・団体 > 神奈川県遊協総会 今期をパチンコ・パチスロの復活元年に

神奈川県遊協総会 今期をパチンコ・パチスロの復活元年に

2018年06月19日


神奈川県遊協は6月15日、横浜ベイホテル東急で通常総会を開催し、上程された議案全てを可決承認した。

総会の挨拶で伊坂重憲理事長は、「私たちホール経営者は、行政の指導を待つまでもなく営業の健全化に向けて自らを律していく成熟した産業でなくてはならない。パチンコに対する外部からの視線が厳しい状況であることを一人ひとりが認識し、日々の業務に対応してほしい」と述べたほか、「低迷する業況に歯止めをかけるためにあらゆる方策を実行することで、今期をパチンコ・パチスロの復活元年としたい」とし、組合活動に対する理解と協力を求めた。

来賓祝辞では、神奈川県警察本部生活安全総務課の永吉和弘課長代理と同暴力団対策課の河鍋勇二暴力団排除対策管が挨拶。永吉課長代理は、依存問題について最優先課題として取組むよう求めたほか、「安心パチンコ・パチスロアドバイザー制度」の積極的な活用やリカバリーサポート・ネットワークの認知向上など対策の強化を要請。さらに、県内ホールを対象とした行政処分が昨年度中に22件あり、その大半が広告宣伝関連だったとして注意を促した。議案審議では上程された議案全てを可決。今年度の事業計画では依存問題の対策推進を最優先に掲げたほか、ファンの回復・拡大や安定したホール経営の確立、積極的な社会貢献活動の推進を基本施策に盛り込んだ。

総会後の祝賀会では、神奈川県警察本部生活安全部の牧智明部長が県遊協の推進する社会貢献活動に謝辞を述べたほか、神奈川県の黒岩祐治知事、全日遊連の阿部恭久理事長、日遊協東京都・関東支部の西村拓郎支部長ら多数の来賓が出席した。



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他






Kaidou Movie Channel

PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言