HOME > ニュース > 組合・団体 > 全日遊連が通常総会 阿部理事長を3選

全日遊連が通常総会 阿部理事長を3選

2018年06月22日


全日遊連は6月21日、都内品川のSHINAGAWA GOOSで第27回通常総会を開催し、任期満了に伴う役員改選で阿部恭久理事長(東京)の再選を決めた。阿部理事長は3期目。

副理事長は伊坂重憲氏(神奈川県/機械対策委員会担当)、平川容志氏(大阪府/経営委員会担当)、大野春光氏(岐阜県/総務委員会担当)、松尾道彦氏(長崎県/財務委員会担当)が留任したほか、新たに千原行喜氏(岡山県/機械対策委員会担当)、合田康広氏(札幌方面/事業委員会担当)が就任。専務理事は片山晴雄氏(員外/暴力団対策特別委員会担当)が留任した。

挨拶で阿部理事長は、「業界が非常に厳しい中にあって、これをよくしていくためにはどうすべきかを考えながら進む2年間になると思う。今回、機械対策委員会の担当を2名にしたが、今の機械問題にはハード面、ソフト面、さらには流通問題など多くの課題があり、1人では負担が大きいかと思い、千原副理事長にもお願いすることにした。また、大野副理事長には引き続き依存問題を担当していただくが、今後、組合のあり方を考え、業界がまとまるためにも非組合員をなくしていくことなど、総務委員会の仕事もボリュームが増していくことになると思う。一方にはカジノ問題もあり、ギャンブルと娯楽の違いを国民にご理解いただくようにすることや、ファンに喜んでいただける遊技環境をどう整えていくかなど、今後に向けた大きな課題もある。皆さんのお知恵を借りながら、明るい未来に向けて進んでいきたい」と抱負を述べた。

総会後の祝賀パーティには警察庁保安課の山田好孝課長のほか、業界団体や取引先企業から多数の来賓が出席。挨拶をした山田課長は、「依存防止対策を含めたパチンコ業界の健全化はわたしたちにとっても重要課題のひとつ。これに向けた施策をより一層、推進していきたい」とし、業界が一丸となって依存防止対策に重点を置きつつ、パチンコが健全な娯楽になるための取組みを進めるよう求めた。



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他






Kaidou Movie Channel

PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言