HOME > ニュース > メーカー > SANKYOが鹿児島県伊佐市などとコンテンツ創出を目的に新企画

SANKYOが鹿児島県伊佐市などとコンテンツ創出を目的に新企画

2018年07月05日


SANKYOはこのほど、小説やコミックなどの投稿サイトを運営するエブリスタ社(東京都渋谷区)と共同で、市制10周年を迎えた鹿児島県伊佐市のPRを通じ、新たなコンテンツの創出を目的とする新プロジェクト「まちぶんin鹿児島県伊佐市」をスタートさせた。

このプロジェクトは、伊佐市を舞台にした小説を募集し、それをもとに新たなコンテンツを生み出そうという企画。伊佐市は地域をPRでき、SANKYOとエブリスタには新たなコンテンツ創出とその展開を図るという、それぞれにメリットがある試みとなっている。

応募条件は、伊佐市を舞台にした1万字以上推奨の小説(ジャンル不問)で完結すること。大賞(1作品)には、賞金50万円のほか伊佐市の特産品が送られ、書籍化、映像化も検討される。募集期間は7月2日から8月31日までとなっており、結果発表は11月上旬頃が予定されている。

応募は小説投稿サイト「エブリスタ」の申し込み窓口から。
https://estar.jp/_ofcl_evt_outline?e=155506



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他






Kaidou Movie Channel

PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言